簿記検定

【商業簿記・工業簿記】簿記のTフォームの書き方のコツや意味を直観的に理解する方法

約 5 分程度(目安)で読むことができます。

こんにちは。

簿記を勉強していて、Tフォームという表現がでてきますよね。読み方や書き方に悩んだことはないですか。この場合、右(借方)に書くのが正しいのか、右(借方)に書いてあるということはどういう意味?なのかなど、今でも悩んでいる方がいたら、本記事は参考になると思います。
私も少し前まではTフォームの理解が十分ではありませでした。
仕分けの理解というと

(借)XXXXXX (貸)YYYYYY

という表現方法でしかイメージできませんでした。しかし、これでは仕分けが少し複雑になった時などの理解に限界があると後々感じ、Tフォームを何とか理解する方法を考えました。ということで、今回は仕分けの理解(簿記の学習)に必要なTフォームを感覚的に理解する方法を紹介します。

皆さん、ご存じ?のとおり、簿記の勘定項目は次の5つに大きく分類できます。

  • 資産
  • 負債
  • 費用
  • 収益
  • 純資産

これら分類に属するすべての勘定科目はTフォームで表現できます。
その表現方法を感覚的に理解する方法について、次より紹介していきますが、
その前に念のため欠かせない前知識を理解しておく必要があります。
それは、各勘定科目の特性です。以下に簡単にその特性を示します。理解してなかった方は確認しておいてください。

  • 資産勘定の特性
    資産が増える。=資産勘定の借方が増える。
  • 負債勘定の特性
    負債が増える。=負債勘定の貸方が増える。
  • 費用勘定の特性
    費用が増える。=費用勘定の借方が増える。
  • 収益勘定の特性
    収益が増える。=収益勘定の貸方が増える。
  • 純資産勘定の特性
    純資産勘定が増える。=純資産勘定の貸方が増える。

このことは、簿記の勘定科目が図にすると次のように分類されることからも理解できるでしょう。

前知識の準備ができたので勘定科目のTフォームでの表現方法を感覚的に理解する方法について、次より紹介していきます。

簿記 Tフォームの書き方や意味について直観的に理解する方法

  • 資産

    書くときの感覚としては資産が増えたら左側(借方)へ、資産が減ったら右側(貸方)へ記入
  • 負債

    書くときの感覚としては負債が増えたら右側(貸方)へ、負債が減ったら左側(借方)へ記入
  • 費用

    書くときの感覚としては費用が増えたら左側(借方)へ、費用が減ったら右側(貸方)へ記入
  • 収益

    書くときの感覚としては収益が増えたら右側(貸方)へ、収益が減ったら左側(借方)へ記入
  • 純資産

    書くときの感覚としては純資産が増えたら右側(貸方)へ、純資産が減ったら左側(借方)へ記入

後、ここまで説明しときながらと、言われると、申し訳ない気持ちになりますがこの感覚的理解の適用が難しい勘定科目があります。
それは差異勘定と呼ばれる科目です。
差異勘定にはいくつか種類があるのですが(材料消費価格差異、価格差異、賃率差異、製造間接費配賦差異等々)、これら差異勘定に振り替えるときの振替元の勘定科目については本感覚的理解の適用が難しいです。

(材料勘定から材料消費価格差異勘定への振替時の例)

この差異勘定に振り替えるときの振替元の勘定科目をTフォームで表すときは、次の点を行うということを覚えておくようにしています。

  • 借方には実際xxxxx額を貸方には予定xxxx額を記入

以上が勘定科目の勘定科目をTフォームで表現する方法を感覚的に理解するために私が考えた図、方法になります。

簿記 Tフォームの書き方や意味は直観的に理解すべき

簿記の学習に必要なTフォームの読み方・書き方のコツを感覚的に理解するという目的で記事を書いてみましたが、少しはお役に立てたでしょうか。
Tフォームに慣れると、簿記の学習にとても役にたつと思いますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

-簿記検定

© 2020 やまぐーの資格ライフログ